すい臓がんの放射線治療と抗がん剤の併用療法


すい臓がんの放射線治療と抗がん剤の併用療法

手術不能な場合の化学放射線療法では、
フルオロウラシルによる
化学療法と放射線治療を同時に行なうのが一般的です、

最近では、がんの放射線感受性を
上げる働きがあることから、
ゲムシタビンやTS-1と
併用するケースも増えています。

なお、化学放射線療法では、
すい臓や周囲の臓器の耐容線量が
予想以上に低下することがあり、
副作用のリスクが高くなります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式