膀胱がんにおける放射線治療の方法と進め方


膀胱がんにおける放射線治療の方法と進め方

通常は、経尿道的切除術で
がんをできる限り切除したのちに、
外部照射を行ないます。

膀胱がんは、一度にいくつもできることが多いため、
膀胱全体と転移を起こしやすい
骨盤リンパ節を含めた範囲に照射します。

その後、がんの縮小に合わせて
照射範囲を膀胱だけ、または膀胱の一部に絞ります。

なお、毎回の治療時に照射範囲のずれが起きないよう、
膀胱の容積が治療計画時の撮影と同じになるよう、
排尿のタイミングに注意が必要です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式