子宮頸がんの放射線治療について


子宮頸がんの放射線治療について

子宮頚がんの治療には手術、放射線治療、
化学療法が行なわれます。

がんの性質や状態などにより
手術ができない場合には放射線治療が有効です。

手術が可能でも放射線治療が
有効なことがあります。

また、化学療法と放射線治療を
組み合わせると効果が高い場合もあります。

放射線治療の効果が高く、
手術と同じ治療効果があります。

1~4期までのすべての病期が
放射線治療単独の根治的照射の対象となりますが、
日本では1~2期は手術、
3~4期は放射線治療を行なうのが一般的です。

根治的照射のほかに、
手術後に、細胞レベルで残っている
可能性のあるがんを根絶する目的で、
予防的照射が行なわれることもあります。

また、手術後、骨盤内リンパ節への
転移などが疑われる場合にも、
術後照射を行います。

・・・


「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式