子宮体がんの放射線治療について


子宮体がんの放射線治療について

子宮体がんの治療は
手術による切除が中心です。

その理由の一つは、
子宮体がんの約85%が
切除可能な早期に見つかること。

もう一つの理由は、
腔内照射では十分な線量が得られないことです。

しかし、合併症で手術ができない場合は、
早期でも放射線治療と化学療法、
ホルモン療法の併用療法が行なわれます。

なお子宮体がんは、腺がんのなかでは
放射娘感受性が良好ながんです。

また、子宮体がんの放射線治療には、
根治的照射、術前照射、
術後照射の三種類があります。

・・・


「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式