子宮体がんの放射線治療と抗がん剤の併用療法


子宮体がんの放射線治療と抗がん剤の併用療法

進行または再発がんには、
化学療法やホルモン療法が行なわれています。

シクロフォスファミド、ドキソルビシン、
シスプラチンを用いるCAP療法は、
多剤併用療法の中で多く用いられているもので、
奏効率が30~60O%です。

最近では、パクリタキセルとカルボプラチン、
またはドセタキセルとカルポプラチンを
併用するケースも増えてきています。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式