子宮体がんの放射線治療の副作用


子宮体がんの放射線治療の副作用

子宮頸がんと同じように、急性期に腸炎、放射線宿酔、
皮膚炎、泌尿器系障害や白血球・血小板減少などの
骨髄抑制、晩期に大腸・直腸の狭窄や癒着、
潰瘍、皮膚の荒れ、むくみ、頻尿、血尿などが
起きることがあります。

急性期の副作用の多くは軽症で、
ほとんどの場合、治療終了後に軽快します。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式