子宮頸がんにおける放射線治療と副作用


子宮頸がんにおける放射線治療と副作用

子宮頸がんの放射線治療は、
多くの場合、ライナックによる体外照射と、
子宮や膣に管を入れ、
そこにアイソトープ(放射線を発する物質)を
入れて放射線をかける「腔内照射(密封小線源治療のひとつ)」
によって行われます。

副作用もときにあります。

治療直後の副作用(急性放射線障害) としては、
下痢や食欲不振が出ますが、ほとんどの場合、
すぐに治ります。

注意が必要なのは、腔内照射を行った数ヵ月後におこる
「晩発性放射線障害」のひとつ、
おしりからの出血です。

これは放射線による直腸の炎症なので、
すぐに受診し、早めに治療を受けることが大切です。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式