放射線治療の副作用は抗がん剤と比較しても少ない


放射線治療の副作用は抗がん剤と比較しても少ない

副作用は、抗がん薬よりも少ないといえます。

照射部位にしか作用しないので、
ほかの部位に副作用が出ることはありません。

脱毛が起こるのは頭部に照射した場合だけです。

放射線療法は原則として入院して行ないますが、
体力や照射範囲の広さなど、
条件がそろえば外来治療も可能です。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式