がんの放射線療法の主な副作用


がんの放射線療法の主な副作用

放射線療法による副作用は、
一般的に放射線をあてている部分に起こりますが、
副作用の頻度や程度は、放射線をあてる方法や量、
治療期間、患者さんの状態などによって異なります。

治療を行っている期間に起こる早期合併症と、
治療後数か月~数年たって起こる晩期合併症があります。

主な、早期合併症と晩期合併症には、
次のようなものがあります。


<早期合併症>

皮膚炎(放射線をあてたところの皮膚が、
強い日焼けのようになります)、検体感、食欲不振、
骨髄抑制(白血球や血小板の減少)。

頭部に照射したときは、頭痛、吐き気、脱毛。
腹部・骨盤に照射したときは、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛。

<晩期合併症>

腹部・骨盤に照射したときは、
直腸炎による出血、頻便、便失禁、膀胱炎、
隣り合う臓器とつながる穴(瘻孔)ができる。

胸部に照射したときは、放射線性肺炎。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式