がんの放射線治療における副作用の種類


がんの放射線治療における副作用の種類

放射線治療の副作用は、
大きく分けてふたつあります。

ひとつは放射線をかけている期間におこる副作用で、
「急性放射線障害」といい、
もうひとつは放射線治療が終わって半年以上あとにおこってくる副作用で、
「晩発性放射線障害」とよばれています。

このうち、患者さんが心配をするのは、
おもに急性放射線障害のほうです。

症状としては、皮膚の表面が赤くなったり、
下痢をしたり、膀胱炎になったり、頭痛、めまい、
吐き気などがおこったりします。

ただし、副作用が出るのは、基本的に放射線をかけた場所だけです。

ですから、これらの症状がすべてひとりの患者さんに出るのではなく、
下痢の症状が出るのは腹部にかけた患者さん、
のどの痛みや渇きの症状が出るのは、
のどなどにかけた患者さん、というように限られます。

頭に放射線をかけない限り、髪が抜けることもありません


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式