放射線を当てたところに新しいがんが生まれる確率


放射線を当てたところに新しいがんが生まれる確率

「放射線で、逆にがんができるのではないか」
という疑問があります。

「たしかにそのとおりで、放射線をかけたために
 がんができることはあります」が答えであることに違いはありません。

しかし、そうしたケースは医師が学会発表を考えるほど
珍しい症例だといえるほど稀です。

しかも、今や3人に1人ががんになるという時代です。

一度完治したあと、同じ場所か違う場所かを問わず、
あらたにがんができる人も増えています。

確率から考えると、
ほとんど「誤差」の範囲といってよいでしょう。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式