放射線治療での被曝と副作用は?


放射線治療での被曝と副作用は?

現在のところ、放射線照射ががんを
誘発することはないとされます。

被曝の影響よりも、微小のがんを死滅させて
局所再発率を低下させるという
放射線照射のメリットのほうが大きいと
考えられているのです。

放射線療法の副作用を心配する人も多いのですが、
薬物療法や手術よりも副作用は少ない治療法なので、
あまり神経質になりすぎないほうがよいでしょう。

急性障害のやけどのような状態は時間とともに治りますし、
照射後数力月~数年たって生じる晩期障害
(皮膚の萎縦、乳腺の硬化など)は、
いったんおこると治りにくいのですが、
照射量が適切であればめったにおこらないものです。

ただ、ごくまれですが、放射線照射の回数が増えると、
放射線宿酔といって、二日酔いや船酔いのときのような
気持ち悪さやだるさなどを感じることがあります。

症状がひどいようなら主治医に相談しましょう。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式