がんの放射線治療後は5~10年の診察期間が必要


がんの放射線治療後は5~10年の診察期間が必要

放射線の照射がすべて終了しても、
治療はそれで終わりではありません。

通常、5~10年間は外来診察で治療の効果を診察します。

ほかに、治療中におきた急性反応が
改善されているかどうかの確認や、
遅発性放射線反応が現れていないかをみる
検診なども定期的に行われ、
必要に応じて治療や処置が行われます。

治療後、患者さんは普通に生活できますが、
最初の半年間は
咳や発熱があるときはすぐに担当医に報告してください。

・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式