放射線治療を外来(通院)で受けるときの注意点


放射線治療を外来(通院)で受けるときの注意点

原則として、放射線治療は外来で行います。

このとき患者さんの注意点としては、
できるだけ休まずに通院することです。

途中で休んで治療期間が大幅に延びると、
治療の効果が低下する可能性があります。

ほかに、通院の疲れをためないよう
十分な休養をとること、
副作用と思われる症状が現れたときは、
すみやかに担当医に相談することも大事です。

照射部位を清潔に保つことも大切ですが、
入浴時などに照射のためにつけたマークを
消してしまわないよう気をつけましょう。

マークが消えてしまうと、
治療計画からやり直さなくてはなりません。

消えたり薄くなったりしたときは、
自分で書き直したりせず、
必ず看護師や技師にそのことを伝え、
正確な位置に再度つけてもらうようにしましょう。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式