なぜ放射線ががんに効くのか?(放射線治療のしくみ)


なぜ放射線ががんに効くのか?(放射線治療のしくみ)

放射線は、人間のからだに当たると
組織を突き抜け、主として細胞中のDNAを切断します。

そして、細胞分裂が盛んな細胞ほど
殺傷しやすい性質があります。

がん細胞は正常細胞よりも
細胞分裂が盛んなため、
放射線はがんの治療に過しているわけです。

治療期間は、通常3~8週間です。

副作用をできるだけ抑えながら、
がん細胞を死滅させるには、
ある程度の日数がかかるからです。

がん細胞を死滅させるための放射線量は、
正常細胞に障害を与える線量よりもやや少なくてすみます。

ダメージからの回復力も
正常細胞のほうがあります。

そのため、放射線照射を何回かに分けたほうが、
正常細胞は回復しやすく、
がん細胞は大きなダメージを受けることになります。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式