主な放射線治療方法(照射方法の違い)


主な放射線治療方法(照射方法の違い)

放射線療法は、体外から照射する外部照射と、
密封小線源治療やアイソトープ内服療法のように
内部から照射する体内照射に大別されます。

このうち放射線療法の中心となっているのが、
外部照射です。

照射口からそのまま照射すれば、
周囲の正常な組織にも放射線が当たってしまいます。

そこで照射口の前面にコリメーターと
呼ばれる遮蔽板を装着し、
できる限りがんの形に合わせた範囲に照射します。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式