がんの放射線治療「術中照射」とは?


がんの放射線治療「術中照射」とは?

手術で開腹した際、
病変部に直接放射線を照射する方法です。

がんとそうでない部分を見極め、
がん細胞が残っている可能性のある部分にだけ
直接放射線を当てることができるので、
周囲の正常組織へのダメージを最小限に抑えられます。

手術時に行なうため照射の機会は一回に限られますが、
通常の放射線療法で
一回に照射する放射線量の数倍~10倍という
大量の線量を照射できます。

すい臓がん、直腸がん、膀胱がんなどの治療に用いられます。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式