がんの放射線治療に使われる時間と治療期間


がんの放射線治療に使われる時間と治療期間

最も一般的な放射線治療の方法である
ライナック(外部照射)による治療計画は
がんの種類によって違いますが、
たいていは週5日間(平日は全部)、合計10~35日間(2~7週間)、
放射線を照射します。

どのくらいの量の放射線をかけるかを算出し、
その量を何回に分けてかけるかを割り出すので、
「分割照射」とよばれます。

放射線治療は原則として1日に1回行いますが、
治療効果を高めるため、1日2回行うこともあります。
ただし、l回にかかる時間は5分ほどとかなり短時間です。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式