ニーズが高まるがんの放射線治療


ニーズが高まるがんの放射線治療

近年、がん治療に関して、
放射線治療の位置づけは大きく高まっています。

たとえば、日本でがん治療の代名詞になり、
外科手術偏重の流れをつくるのに
貢献してしまった胃がんは、
今でも手術が第一選択のがんの代表です。

その胃がんでさえ、海外では
放射線治療を行うところが出てきていますし、
手術の前後に再発予防のために放射線治療や
抗がん剤治療を併用するのは、
ごくふつうになりつつあります。

欧米では、化学放射線治療も積極的に行われています。

また、肝臓でつくられた胆汁が胆のう、
胆管、すい臓を通って十二指腸まで運ばれる経路を、
「胆道」とよびますが、ここのがんに対しては、
今まで放射親治療の出る幕はありませんでした。

放射線をかけると胃や小腸が被曝してしまうので、
かけられなかったのです。

ところが、ライナックの定位放射線治療や、
術中照射など、がんだけに放射線を集中する技術が
発達した結果、これらのがんにも放射線治療が
行われるようになっています。

こうしたことを考えると、
がんと診断されたら、
どんながんのどんな病期であっても、
放射線治療になにができるか、
確認しておいたほうがよいといえます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式