密封小線源治療(ブラキテラピー)とは


密封小線源治療(ブラキテラピー)とは

密封小線源治療とは、放射線を出す物質(線源)を
密封した小さな装置(小線源)を体内に入れ、
病巣のすぐ近くから放射線をかける方法です。

線源には、コバルト、ラジウム、セシウム、金、
ヨード、イリジウムなどの放射線同位元素が使われます。

それを入れる容器は、ワイヤー、針、粒などの形状をしています。

例えば肺がんの場合、気管や気管支の腔内にカテーテルを挿入し、
その中に線源を入れて病巣に放射線をかける
「腔内照射」という方法がとられます。

対象となるのは、気管や肺門部の気管支表面にできた
浅い扁平上皮がんです。

その場合、イリジウム192という放射線同位元素を入れる
「アプリケーター」という細い管を、
気管支鏡で患部に挿入して、
そこから出るγ線を照射します。

治療の所要時間は放射線の強さによって異なりますが、
おおむね数分ですみます。

この治療を外部照射と組み合わせて、
病状に応じて数回行います。

・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式