密封小線源治療(ブラキテラピー)のメリット


密封小線源治療(ブラキテラピー)のメリット

この治療法の長所は、ターゲットとなる病巣に
たくさんの放射線を集中的にかけ、
周囲の正常組織にかかる放射線の量を
少なく抑えられることです。

からだの外から放射線をかける外部照射の場合、
正常組織になるべく放射線がかからないよう、
照射する方向を変えるなどの工夫をしますが、
それでも病巣に放射線が到達する手前で、
どうしても正常組織に放射線がかかってしまいます。

しかし密封小線源治療では、
そのようなことはありません。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式