緩和的ながんの放射線治療の進め方


緩和的ながんの放射線治療の進め方

骨や脳に転移があると知った患者さんのなかには、
「残された時間は少ない」と思い込む人がいますが、
必ずしもそうとは限りません。

残された時間が数カ月という人もいれば、
骨転移があっても6、7年生存している人や、
脳転移の治療を始めてから10年を経ている人もいます。

残されている時間には、かなり個人差があるのです。

ですから緩和的治療では、
もともとのがんはどういうものだったのか、
転移のある組織はどのような状態か、
転移は1カ所だけなのか多発しているのか、
患者さんのからだの具合はどうかなど、
さまざまな側面から考えて治療を行います。

たとえば、短い時間で効果を得る必要がある場合は、
できるだけ早く痛みやつらい症状が和らぐよう、
1回の放射線量が多い短期間の治療が行われます。

ひとくちに緩和的放射線治療といっても、
その治療期間や放射線治療計画は、
個々の患者さんによって大きく異なるわけです。

・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式