がんの放射線治療によって骨を強くすることも


がんの放射線治療によって骨を強くすることも

がん細胞が骨に転移すると、
普通ならば骨折するはずのない弱い衝撃でも
骨折してしまうことがあります。

これは、柱にシロアリが巣食うと、
指で押してもつぶれるくらいに柱が脆くなるのと同じように、
転移したがん細胞によって骨が虫食い状態になり、
脆くなるからです。

ところが、がん細胞に放射線をかけて減少させていくと、
人間の骨は柱と違って、虫食い状態になっていた部分が
もとの状態に戻ります。

「骨は大人になったら新しくできてこないのでは」
と思うのは誤解です。

人間の骨は一生、新陳代謝によって
できたり壊れたりを繰り返しているのです。

放射線による骨折対策は、このような骨の性質を利用して、
虫食い状態で脆くなった骨を安定(再硬化)させるものです。

・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式