骨折予防を目的とした放射線治療


骨折予防を目的とした放射線治療

骨への転移があると、骨皮質(骨の表面の硬い部分)が、
がん細胞に巻き込まれて壊れてしまい、
骨が2 3cm以上溶けてしまうことがあります。

こうした状態では、骨折がおこりやすいので、
今現在は強い痛みがなくても、
骨折のリスクが高いという理由から、
予防的に放射線治療を行うこともあります。


<麻痺などの神経症状を予防>

脊椎の中にある脊髄の神経が、
がん細胞に巻き込まれると、
脊髄が圧迫されて麻痺がおこり、
やがて足が動かなくなることがあります。

神経症状の原因となる部位は、
胸椎(胸の部分にある背骨)がもっとも多く、
1カ所だけでなく何カ所かにみられることもよくあります。

こうした部位に放射線をかけると病巣が縮小し、
神経症状が改善されたり麻痺が予防されます。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式