がん・感染症センター都立駒込病院|放射線治療の名医・有名病院


放射線治療の名医・有名病院
がん・感染症センター都立駒込病院
唐澤克之医師

■住所

東京都文京区本駒込3-18-22

■実績・成績

新患1000例(科・2006年)。

肺がん190例、頭頸部がん50例、食道がん50例、
前立腺・膀胱がん70例、乳がん200例、
消化器がん(食道以外)100例、子宮・卵巣がん40例、
リンパ腫・白血病70例、脳腫瘍10例、甲状腺100例。

■治療の方針と詳細

治療法、専門の豊富さで世界有数。

従来の化学放射線療法、術中照射、小線源療法、
過分割照射法、温熱療法から、最新の3次元原体照射、
頭部・体幹部定位照射、強度変調放射線治療まで行う。

早期肺がんの定位的放射線療法と3次元原体照射、
早期前立腺がんのI125粒子永久挿入療法、
動注化学放射線療法、頭頸部がんの週分割照射、
甲状腺疾患のI131内用療法、
軟部組織肉腫・胸膜中皮腫電磁波温熱療法が得意。
唐澤部長の専門は、肺、膵臓、前立腺、
頭頸部、肛門、胸膜。

合併症の治療でも内科、外科ほか総合基盤が
堅固なのも同院の強み。

紹介された新患療は、05年は900例、
06年は1000例を超え、国内トップ10圏内。

1日に100~150人が訪れ、各治療医は30人ほどを担当。
療法で異なるが、受診後2週間ほどで治療となる。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式