国立がんセンター中央病院|放射線治療の名医・有名病院


放射線治療の名医・有名病院
国立がんセンター中央病院
加賀美芳和医師

■住所

東京都中央区築地5-1-1

■実績・成績

約2000例。

乳がん約400例、頭頸部がん約100例、食道がん約150例、
悪性リンパ腫約150例(年間・グループ診療)。

■治療の方針と詳細

がんの放射線治療で最先端を走る施設のひとつである同院。

がんセンターの診療体制は臓器別のカテゴリに
それぞれ集約されており、同グループも内科・外科との
臓器別の力ンファレンスに参加し、情報の共有を行っている。

加賀美医長は乳がん、頭頸部、食道、
悪性リンパ腫を主に担当。
近年では特に乳がんの増加が目立っている。

頭頸部がん、乳がんなどで新たな治療開発のための
臨床試験を活発に行っている。

放射線治療の前線で注目されている方法が、IMRT。
これはコンピュータ制御によって、
腫瘍部分に放射線を集中して照射する技術で、
腫瘍制御率の向上や合併症の軽減に寄与するとともに、
当然臓器の形態や機能の温存も実現する。

がんセンターでは優れた晶質管理のもとで、
IMRT、定位照射などの高精度放射線治療を実践している。
今後のがん治療で、放射線治療の持つ重要性は
いっそう大きなものになる。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式