聖路加国際病院|放射線治療の名医・有名病院


放射線治療の名医・有名病院
聖路加国際病院
関口建次医師

■住所

東京都中央区明石町9-1

■実績・成績

2008年の科全体の新患人数:乳がん561例、
泌尿器系腫瘍55例、怖がん・気管・縦隔腫瘍39例、
食道がん9例、胃・小腸・結腸・直腸がん8例、
肝胆膵がん5例、婦人科腫瘍6例ほか。

■治療の方針と詳細

EBMに基づいた、患者に最も適した標準治療を大事にしながら、
腫瘍学の立場からのアプローチを常に行うことを
念頭に置いている。

同科の治療患者数で極めて多いのが乳がん。

年間の治療数は、2008年で561例と突出。

これは同院の乳腺外科が都内有数の高評価を
受けていることが背景の一つにあるが、
従来からの関口部長による乳がんでの
放射線治療技術の質の高さも、
その大きな要因として挙げられるものである。

同部長は、現在の三次元治療計画装置がない当時から、
乳腺についての効果的な照射方法を工夫し、
その放射線治療で先駆的に高い実績を導き出してきた。

今は乳房切除後の術後照射と、
化学療法やホルモン療法と併用しながらの
集学的治療で成績向上に大きく寄与している。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式