直腸ガン

手術後の排便障害への対処


手術後の排便障害への対処

手術後の排便障害は、切除部位によって異なります。

直腸やS状結腸を切除した場合、
便を出し切るために1日の排便の頻度が高くなります。

多くは、一度排便が始まると、
短い間に2~3回続きます。

排便障害があっても、積極的に外出することで
適度な緊張感が保たれ、排便の調節や
自分なりの排便パターンが
しだいに身についてきます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを完治させるための5つのルール

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


がんを完治させるための5つのルール


関連記事

直腸のがんの症状
直腸のがんの症状 直腸のがんでは、肛門に近いため、 便に赤色の血がついていたり...
人工肛門(ス卜ーマ)と社会保障(助成金)
人工肛門(ス卜ーマ)と社会保障(助成金) がん治療のために肛門や膀胱を失ない、...
ストーマ(人工肛門)のためにも下痢は防ごう
ストーマ(人工肛門)のためにも下痢は防ごう 慣れないうちはストーマからの排便時...
手術後の排便障害への対処
手術後の排便障害への対処 手術後の排便障害は、切除部位によって異なります。 直...
人工肛門のしくみ
人工肛門のしくみ 人工肛門をつくることになったら、 まずは位置を決めます。 日...
人工肛門にするかどうか判断するには
人工肛門にするかどうか判断するには 「人工肛門」は、腸管の一部をおなかの表面に...
肛門がんには化学放射線療法が第一選択
肛門がんには化学放射線療法が第一選択 肛門管と肛門周囲皮膚の部分を肛門部と言い...
人工肛門とは?
人工肛門とは? 人工肛門はストーマとも呼ばれます。 消化管・尿路を人為的に体外...
直腸がんの5年生存率は?
直腸がんの5年生存率は? がんの手術成績は術後の生存率で比較します。 手術を受...
直腸がんの自覚症状とは
直腸がんの自覚症状とは 直腸がんが小さいうちは症状は出ませんが、 大きくなって...

文字サイズ変更