手術後の排便障害への対処


手術後の排便障害への対処

手術後の排便障害は、切除部位によって異なります。

直腸やS状結腸を切除した場合、
便を出し切るために1日の排便の頻度が高くなります。

多くは、一度排便が始まると、
短い間に2~3回続きます。

排便障害があっても、積極的に外出することで
適度な緊張感が保たれ、排便の調節や
自分なりの排便パターンが
しだいに身についてきます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを完治させるための5つのルール



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式