リンパ浮腫のケア「圧迫療法」とは?


リンパ浮腫のケア「圧迫療法」とは?

足に適切な圧力をかけ、リンパ液の改善をはかるのが圧迫療法です。

主に初期治療として有効です。

ふたつのやり方があるのでそれぞれの特性を見きわめ、
自分に合った方法で行いましょう。


■弾性包帯か弾性ストッキングを毎日着用する

圧迫療法とは、弾性包帯や弾性ストッキングをつけて、
足全体に圧力をかけてリンパ浮腫の進行を防ぐ方法です。

就寝中以外は1日中着用するものなので、
専門家の指導を受け、自分に合ったサイズを選ぶこと、
また方法を身につけることが大切です。

圧迫療法の効果は大きくふたつあり、
水分が組織のすき間にたまらないようにすることと、
リンパ液の逆流を防ぐことです。

圧迫した状態で日常の動作をしたり運動療法を行ったりすれば、
圧迫療法の効果を十分に引き出すことができるでしょう。

圧迫療法は、皮膚や皮下組織に無理な刺激を与えないよう、
必ずスキンケアやリンパドレナージも並行して行うことが重要です。


■こんなときは、圧を弱めるか圧迫療法をお休みしよう

・血圧が高くなり、心臓がドキドキする
・痛みが出てくる
・手先や足先が冷たくなる
・かゆみやあせも、かぶれなどが出てくる

■弾性包帯

比較的程度の重いリンパ浮腫で行われます。

包帯の巻きかげんで、圧のかけ方を調節できることがポイントです。

リンパドレナージで改善した状態を保つだけでなく、
かたくなったり、感染を起こしやすくなったりしている
患部の皮膚を、外部の刺激から守る効果もあります。

正しい巻き方や、圧迫の度合いを確認する方法を、
医師やセラピストなどの専門家の指導を
受けてから行いましょう。


■弾性ストッキング

弾性ス卜ッキングのサイズにはSMLサイズなど
(メーカーによって違う)があります。

治療効果で浮腫か軽減されて足か細くなったら、
それに合わせて弾性ス卜ッキンクのサイズも変えていきます。

圧が強すぎるのも、弱すぎるのも
皮膚トラブルのもとになります。

医師の指示書により一部保険による助成が得られます。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式