乳がん治療後のリンパ浮腫のケア

乳がん治療後のリンパ浮腫のケア

手術でわきの下のリンパ節を切除すると、
リンパ液(体内の組織に栄養を運び、
老廃物を血液のほうへ流す体液)の流れが悪くなって
皮下組織にたまり、腕がむくんだり、しびれることがあります。

そのため「腕が上がらない」、
「服に腕がうまく通らない」など生活に支障が生じます。

この状態を「リンパ浮腫」と呼んでいます。

また、リンパ浮腫は放射線治療でも
同様に起こることがあります。

リンパ浮腫は、手術後3年間が
発症しやすい時期といわれていますが、
1O年たってから発症する人もいます。

切除したリンパ節の部位や数によって、
浮腫の程度は違ってきますが、
症状を悪化させないポイントは、
生涯にわたり、予防・セルフケアをしていくことです。

また、日本乳癌学会のガイドラインでは、
手術後のリハビリテーションを推奨しています。

手術後3日目くらいから簡単な指や肘の
曲げ伸ばし運動を開始します。

ドレーンが抜けてからは、腕の上げ下げの運動や、
肩関節を回す運動を行います。

できれば2年間くらい継続して行ったほうが効果的です。

腋窩リンパ節郭清を行わなかった場合は
リンパ浮腫の可能性は少ないとされていますが、
まれに発症することがあります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式