スキルス胃がんに多い「腹膜播種」とは?


スキルス胃がんに多い「腹膜播種」とは?

胃がんの再発の形として最も多いのが腹膜播種で、
胃がんの再発の約半数を占めます。

特にスキルス胃がんでは腹膜播種の頻度は高く、
診断時にすでに腹膜播種をみることも少なくありません

腹膜播種とは、おなかの中に種をまいたときのように、
がん細胞が散らばって広がっているものです。

それぞれの再発巣が小さいために、
CTなどの画像検査を行っても、
早期発見が難しいとされています。

播種を起こして散らばってしまった細胞のすべてを、
手術で取り除くことは難しいために、
治療は化学療法が主体となります。

ただし、播種によって吐いたり、
腹痛などつらい症状があるときは、
症状を和らげるための緩和手術を行うことがあります。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式