スキルス胃がんと胃がんの違いとは?


スキルス胃がんと胃がんの違いとは?

スキルス胃ガンは、胃壁の中でばらばらの状態で増殖し、
一方、ふつうの胃ガンは、ガン細胞どうしが
互いにくっつき合っています。

スキルス胃ガンのこのような性質は、
ガン細胞が弾力性に富んだ
胃壁の内部に容易に侵入し、
移動できることを示しています。

細胞どうしを強くくっつける「カドヘリン」という物質の
はたらきのより、細胞どうしは互いにくっつき、
固まりを形成します。

そのため、個々の細胞が自由に胃壁の中を動きまわったり、
他の組織や臓器に簡単に転移を
起こしたりすることはできないのです。

しかし大部分のスキルス胃ガンの細胞は、
このカドヘリンをつくり出すことが
できなくなっているか、またはこの物質が異常な
物質に変化していることが、最近の研究でわかってきました。

つまりスキルス胃ガンでは、
カドヘリンが本来の機能を発揮できないために、
ガン細胞がばらばらになると考えられます。

これに対してふつうの胃ガンでは、
カドヘリンは正常にはたらいているため、
ガン細胞どうしは互いに結合し、
動こうにも容易には動けない状態になっています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式