スキルス胃がんの4つの特徴とは?


スキルス胃がんの4つの特徴とは?

スキルス胃ガンは、胃壁が炎症を起こしたように
硬く厚くなるガンで、
正常な組織とガンとの境界がわかりにくいという
特徴をもっています。

このガンは、100年ほど前には、
胃壁の炎症の一種ではないかと考えられていました。

というのも、スキルス胃ガンのガン細胞は、
ふつうの胃ガンの細胞とは違って小さく、
当時の顕微鏡ではガン細胞として認識することが
難しかったからです。

スキルス胃ガンは、おもに次のような特徴をもっています。

①ガン細胞が短期間に胃全体に広がる。

②ふつうの胃ガンは男性が女性の
約2倍の頻度で発症するが、
スキルス胃ガンは30歳代50歳代の
若い女性の発症率が高い
(女性は男性の約1・25倍)。

③転移のしかたにふつうの胃ガンとは異なる特徴があり、
90パーセントは腹膜に転移する。

④適切な治療を行わなかった場合には、
予後がよくない。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式