スキルス胃がんの診断に有効な「上部消化管造影検査」とは?


スキルス胃がんの診断に有効な
「上部消化管造影検査」とは?

この検査は、造影剤(バリウム)と
発泡剤(胃を膨らませる薬)を飲んで、
胃の輪郭を写し出し、X線写真を撮影する検査です。

バリウムによって、胃壁の凹凸を鮮明に写し出すことができるので、
隆起性や病変が、ともによくわかります。

また、胃壁が硬く変形する
進行がん(スキルス胃がん) の診断にも有用です。

胃内視鏡検査と造影検査を組み合わせて、
がんの広がりや深さ(深達度)を総合的に判定します。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式