スキルス胃がんの診断・検査方法は?


スキルス胃がんの診断・検査方法は?

スキルス胃ガンには特定の遺伝的背景はなく、
また若い女性に多いなどの理由から、
早期の診断・発見はたいへん困難です。

早期発見を困難にしている別の原因に、
このガンが、ひだの多い胃の粘膜に
発生するという問題もあります。

内視鏡による検査でも、ひだの中に
1センチメートル以下のガンを発見することは
難しいのです。

またCT、MRI、PETなどは、
早期ガンの発見にはほとんど役に立ちません。

これらの理由から、スキルス胃ガンを
治療可能な段階で発見するには、
内視鏡による定期検診を
1年以内のサイクルで頻繁に受ける以外に、
現実的な方法はないとされています。

スキルス胃ガンは、見た目の違いによって、
4種類に分けられています。

このうちの約20パーセントを占める
「早期ガン類似型」の予後は、
5年生存率が50パーセントを超えるとされています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式