スキルス胃がんの再発率と予防的治療法とは


スキルス胃がんの再発率と予防的治療法とは

スキルス胃ガンの再発率は
約80パーセントといわれています。

スキルスに限らず、胃ガンの再発を
抑えることはできないのでしょうか?

ひとつの方法として、再発の原凶となる
隠れた転移ガンを取り除くため、
手術で予防的に広範囲を切除することが行われます。

そのため通常、胃ガンの治療時には、
転移の確率が高いリンパ節は広く取り除かれます。

しかし、予防的切除には限界があります。

胃の周辺にある臓器(勝臓、大腸、胆嚢など)の一部を
切除すれば、患者の生活の質を大きく下げることになり、
ときには患者の生命にも影響を及ぼします。

もうひとつの再発予防法は、
胃ガンの手術後に化学療法(抗がん剤)を追加することです。

しかし、胃ガンに対しては抗ガン剤の効果は
限定的です。

また抗ガン剤治療を生き延びた強力な
ガン細胞が増殖して再発すれば、
治療がかえって困難になるおそれもあります。

そのため、胃ガン手術後の補助療法として
化学療法を行うべきかどうかは、
医師によって意見が分かれています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式