スキルス胃がんの一般的な治療方法とは


スキルス胃がんの一般的な治療方法とは

スキルス胃ガンの治療法は、
大きく分けて3つあります。

①手術療法
②化学療法
③免疫療法です。

手術療法は、ガン病巣の切除だけでなく
ガンによる胃の狭窄(内部が狭くなる)、
胃の疼痛(痛み)、出血などを取り除くために行われます。

転移が残っているときに胃を切除することに
はたして治療的な意味があるかどうかについて、
いまのところ結論は出ていません。

ただ、腹膜播種やリンパ節転移が軽度の場合には、
胃を切除する意味があるといわれています。

しかし、腹腔全体に播種(はしゅ)があるとき、
大量の腹水があるとき、
腹膜播種と第3群リンパ節転移が同時に存在するとき、
あるいは腹腔以外の臓器(肺や骨)に転移があるときは、
手術ではなく、②の全身化学療法の実施が標準です。

また腹水があるときは、全身療法や
腹腔内化学療法が行われます。

その他の腹水の治療法には、
利尿剤の使用や腹水再注入(排出した腹水をろ過し、
ガン細胞や細菌を取り除いてから再度体内に戻す方法)
などがありますが、
これらは、ガン制胞を直接殺すものではありません。

免疫療法は、ガン細胞を殺す力がかなり弱く、
効果は5パーセント程度といわれています。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式