スキルス胃がんの再発率と再発の予防方法とは


スキルス胃がんの再発率と再発の予防方法とは

スキルス胃ガンの治療では、
腹膜再発の予防は手術と同じくらい重要です。

手術でガンを完全に切除できた症例でも、
その70パーセントは2年以内に再発するからです。

そして、再発のもっとも
起こりやすい場所が腹膜です。

腹膜再発に対しては、次の3つの予防方法があります。

①手術中から開始する「術中腹腔内化学療法」、
あるいはこの方法と「温熱療法」との組み合わせ

②手術後1~7日日に行う「早期腹腔内化学療法」

③手術後3~4週日から行う「術後全身化学療法」

このうち、術中腹腔内化学療法で用いる
抗ガン剤には、マイトマイシン、
フルオロウラシル、シスプラチン、
カルポプラチン、ドセタキセル、パクリタキセルなどがあります。

この化学療法では、癒着を起こす
可能性のある薬(ドキソルビシンなど)は、
使用を避けるほうが安全とされています。

また、早期腹腔内化学療法は、
手術中に腹腔内に留置したチューブを過して、
手術1日日から7日日まで、マイトマイシンお
よびフルオロウラシルを、
生理的食塩水(1リットル)とともに注入する方法です。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式