再発したスキルス胃がんの治療方法とは?


再発したスキルス胃がんの治療方法とは?

スキルス胃ガンが再発した場合、
その90パーセントもが腹膜に生じます。

スキルス胃ガンは、ガン細胞どうしの
結合が弱く、
また大量のたんぱく質分解酵素や
運動因子を分泌します。

そのためガンが容易に胃壁を破り、
ガン細胞が腹腔にばらまかれます。

例として虫垂炎が進むと、盲腸が破れてばい菌、
すなわち病原性の細菌が腹腔内にばらまかれ、
腹膜炎を引き起こすことがあります。

スキルス胃ガンでも
これと同じようなことが起こるのです。

ただしこの場合、ばらまかれるのは細菌ではなく
ガン細胞であり、
それはガン性腹膜炎を引き起こすことになります 。

このような状態に至る前に手術ができれば、
約30パーセントの患者は手術を成功させることができます。

しかし残る70パーセントは腹膜に再発するため、
手術だけで治癒を得ることはできません。

このような患者に対して、
胃ガンの専門病院では化学療法を含む
さまざまな「補助療法」を行います。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式