セカンドオピニオンは、治療前だけではなく、
入院中や治療中であっても利用できるもので、
患者さん本人でも家族でも、疑問があって、
ほかの意見を求めたいのであれば、
遠慮なくほかの病院を訪ねましょう。

これは、患者さんにとって当然の権利です。

たとえば、「進行がんで、抗がん剤治療を行っているが、
別の治療法はないのだろうか?」
「手術をしないで、放射線治療だけで
治る可能性はないのだろうか?」
「積極的な治療はせずに、
痛みの治療だけをするにはどうしたらよいだろうか?」
このような理由で、別の病院に行くときには、
現在かかっている主治医による、
治療に関する資料を持って相談に行くことがポイントです。

セカンドオピニオンを求める際には、
「何が疑問なのか」「何が納得できないのか」
を事前に整理して、相談の場に臨むことが大事です。

主治医がいる場合には、
できるだけ紹介状を書いてもらいましょう。

このときさらに、
「今の治療方法も良いと思いますが、
いろいろ納得したいので、
ほかの病院でもいい方法がないか聞きたいんです。
今の治療方法を書いてくださいますか?」
と相手を尊重したうえで頼めば、
ほとんどは問題なく書いてくれるはずです。

日本の病院の場合は、
どういう病院に行こうが、
患者さんのまったくの自由です。

どうしても納得がいかないのならば、
だれにも遠慮することはなく、
別の病院にかわるべきだと思います。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?