セカンド・オピニオンはがん患者の大切な権利


セカンド・オピニオンはがん患者の大切な権利

セカンド・オピニオンとは、
現在の治療、今後の診断法や治療法に対して、
第三者的な立場にある専門家(医師)の意見を聞くことです。

つまり、診療内容や治療法についてもっと知りたい、
別の治療の可能性を知りたい、
今の方針に納得できない点がある、
といった場合に、別の医師の意見を聞いて、
よりよい治療を受ける道を探るためのものです。

インフォームド・コンセントが当たり前になってきた現在では、
患者の権利として、セカンド・オピニオンの必要性が
認識されてきました。

ただし、セカンド・オピニオンは、
いろいろな医療機関を転々と渡り歩く
「ドクター・ショッピング」とは違います。

1人の医師の意見だけで方針を決めず、
広く意見を聞いて自分の治療方針を決定する
(インフォームド・チョイス)ときの
参考にするためのものだ、
ということを覚えておきましょう。


■遠慮せずに意見を聞こう

「セカンド・オピニオンを求めるなんて、
主治医を信用していないようで、悪いのではないか」
と思う人もいるでしょう。

しかし、気にする必要はまったくありません。

自分の体のことを第一に考え、
納得したうえで治療を受けたいと考えるのは当然のことです。

また、医療者の側からいえば、
これは医療機関の枠組みを超えた
専門家の連携というシステムですから、
遠慮することはないのです。

最近では、セカンド・オピニオンを求めたい人や、
それに対応する医師も増えており、
徐々に定着しつつあります。


■十分な準備のもと実行を

セカンド・オピニオンを有効に活用するためには、
それなりの準備が必要です。

主治医のインフォームド・コンセントのあとで、
セカンド・オピニオンを受けたい旨を申し出たら、
検査結果などのデータを用意してもらいます。

主治医の紹介状が必要な場合もあります。

これらの資料をそろえたうえで、
セカンド・オピニオンを求める医師に
話を聞きましょう。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式