セカンドオピニオンに遠慮は無用

セカンド・オピニオン(第二の意見)とは、
患者の病状や治療方針について、主治医以外の医師や別の病院にも
意見を求めることです。

欧米ではよくあることですが、日本では最近になって、
セカンド・オピニオンに対する意識が高まってきました。

「セカンド・オピニオンを求めているうちに、治
療の開始が遅れてしまうのではないか」と懸念する声もありますが、
多くの病院を渡り歩くような度を越したものでなければ、
セカンド・オピニオンを得ようとするのは
患者の心情として当然のことでしょう。

また、「ほかの医師の見解を聞きたいと申し出たら、
現在の主治医が気を悪くして、今後の診療に差し障りが出るのでは」と
心配する人もいますが、
現在ではセカンド・オピニオンは当然の権利だと考えられているので、
そのような態度を取る医師は稀です。

むしろ、「ほかの専門医や専門病院の見解も聞いてみてはいかがですか」と、
患者さんにすすめている医師や病院が多くなっているので、
希望する場合は率直に申し出ましょう。

納得して治療を受けることが、何より大切です。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式