治療だけでなく病理診断のセカンドオピニオンも重要

がんの診断は顕微鏡を通して行われます。

この検査を「病理検査」と呼び、
それを担うのが病理医です。

現在、病理医の数は不足しており、
なおかつ病理医すべてが全身どの臓器にも
精通しているというわけにもいきません。

よって病理診断には、どうしてもある程度の幅が生じます。

がんの臨床試験の調査では、中央病理診断といって、
数人の病理医が臨床試験に登録された
摘出標本を見直して診断を確認します。

ここで診断名が変わることや
病理医の中で意見が分かれるのも
珍しくないといわれています。

がんか前がん病変か、浸潤があるかないか、
その程度は浅いか深いかの診断によって
手術の切除範囲が異なります。

標本に特徴的な所見があれば診断は容易ですが、
特徴にとぼしい症例などでは診断も難しくなり、
迷いが出てきます。

こうした診断の難しい症例は、より詳しい
病理医によって確認が行われます。

治療のセカンドオピニオンも重要ですが、
病理診断のセカンドオピニオンの
ニーズも高まってきています。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式