セカンド・オピニオンの留意点

セカンド.オピニオンという言葉は
十分に認知されてきたように思います。

患者がはじめに行った病院で、
担当医からの病気に対する説明だけでは納得のいかない場合、
あるいはほかにもいい治療法があるのではないかと考える場合に、
ほかの医師の意見、つまり「2番目の意見」を聞き、
参考にするということです。

セカンド・オピニオンを希望する場合には、
はじめに診察した医師の紹介状をもらって、
通常は患者自身が希望する病院へ行きます。

患者さんは、セカンド・オピニオンを求めるのは、
現在の担当医に悪いのではないかと、遠慮するかもしれません。

しかし、自分で納得のいく治療を受けるには、
そのような心配はせずに担当医に話してよいのです。

また、患者が求めている治療と
専門医がすすめる治療が異なる場合があります。

そのときには、遠慮せずに自分の意見を伝えましょう。

適切な納得のいく答えが得られない場合には、
セカンド・オピニオンを求めましょう。

しかし、たくさんの施設でのセカンド・オピニオン
(セカンドではなくなりますが)を求めると、
肝心のがんの治療が遅れてしまうことになります。

また、医師の側からすると治療を行っている途中とか、
治療が終了してからセカンド・オピニオンを
求めずにがんの治療をはじめる前に
受けたほうがよいといえます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式