どのようにセカンドオピニオンの話を切り出すか


苦手意識が働いてどうしても話せない、という場合、
セカンドオピニオンを受けたい医師を探して、
検査データなどの書類の手配を依頼する方法もあります。

しかし、主治医にはセカンドオピニオンを
受けたいと伝えましょう。

たとえ主治医に不機嫌な顔をされたとしても、
その時点で、あなたはきちんと手順を踏んだことになるのです。

どうしても話しにくいという方は、
以下のように話をしてみましょう。

・家族や信頼のおける知人に同席してもらい、
 その人からセカンドオピニオンの話をしてもらいましょう。

・セカンドオピニオンについて書かれた
 小冊子や資料を主治医に見せて、
 「こういうのは、どう思われますか?」とたずねてみましょう。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式