子宮がんに効く・子宮がんに良いサプリメント「乳酸菌」

乳酸菌については
がん患者さんを対象とした比較試験の結果が
多数報告されています。

がん患者さんの再発予防や延命の効果を
示したと思われるものや、
がん治療(特に放射線治療や化学療法)に伴う
症状を緩和したと考えられる臨床試験です。

臨床試験で注目される報告は、
東京大学のBLP研究グループによって
138人の膀胱がん患者さんに対して行われた
臨床試験です。

経口で乳酸菌を服用したグループが
そうでないグループ(ブラセボ群)に比べ
再発率が低かったのです。

つまり、乳酸菌が単独で
がんに効果があることが示されています。

この臨床試験は138人と
ランダム化比較試験としては小規模ですが、
科学的信頼度が比較的高く、
注目されるデータだと思われます
(1995年・BLP研究グループ)。

また、東京女子医科大の研究グループは
228人の子宮頭がん患者(ステージ3b)に
対して放射線治療と
乳酸菌を併用した比較試験の結果を報告しています
(1993年・東京女子医科大研究グループ)。

それによると、放射線治療+乳酸菌併用の
グループが放射線治療単独のグループよりも
統計学的に有意な差で延命効果が
あると認められました。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?