子宮がんにおける5年生存率の意味

がんになると、治療後5年間生存することが
ひとつのくぎりとなります。

自分はどのくらいの確率で治癒できるか?
という目安をはかるのに、わかりやすいのが「5年生存率」です。


■5年間をくぎりに治癒したかを判断

がんになると、よく耳にする言葉に「5年生存率」があります。

がんの最大の特徴は、再発することですから、
ほかの病気とは違い、
「治療が終わったから、もう心配がない」
ということにはなりません。

子宮がんの再発は、診断から3年以内に起こることが多いので、
5年後まで元気で過ごせれば、治癒の指標となります。

5年生存率は治療後から5年たった時点で、
治療対象者のうち何%が生存しているかを表す数字です。

たとえば、「〇〇がんの5年生存率は70%」というと、
そのがんの治療を終えてから5年後に生存している人が70%で、
診断から5年までの間に死亡している人が
30%であったことになります。

ただし、治療後5年間生存している人のなかには、
がんが治って再発もせず元気に日常生活を
送っている人ばかりではなく、
途中で再発して治療を受けている人、
あるいは最初からがんが除去しきれずに
闘病を続けている人なども含まれています。


■臨床進行期によって生存率は異なる

5年生存率は、進行期ごとに発表されているので、
その進行期の治りやすさ、
あるいは治りにくさを知る目安となります。

告知のときなどに、治癒するかどうかの指針として
使われることが多いでしょう。

ただし、同じ進行期でも治療の内容や治療施設によって
生存率は異なってくる可能性はあります。

合併症の多い症例を数多く扱う施設では、
公表されている5年生存率が低いこともあるので、
判断はむずかしいといえます。

一般的に、子宮体がんや頸がんでは
おおかた5年生存すればほぼ治ったとみなされます。

しかし実際には、いろいろな治療法の進歩により、
再発がんをもったまま
5年目を迎える患者さんも増えています。

5年生存率は、治る可能性のおおまかな目安となりますが、
患者さん本人についての数値ではありません。

また、まれに5年過ぎてから再発が発見されることもありますので、
進行がんの場合は10年ぐらいのフォローアップを行います。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?