皮膚ガンの治療法

皮膚ガン・・・基底細胞がんの特徴と、ステージ治療方法


基底細胞がんとは、基底層などの細胞が
がん化したもので、80%は頭と顔に発生します。


紫外線を長年にわたって浴び続けた人が発病しやすく、
やけどやけがでできた傷跡、放射線による皮膚の傷跡などに
発生しやすいことが知られています。

症状としては、初期では黒色、あるいは黒褐色などの
軽く盛り上った皮疹が最も多く、
ほくろと間違えて放置されることがあります。

ゆっくりと数年がかりで徐々に大きくなります。

病巣の中心に腫瘍が生じ、
かさぶたが繰り返しできて、
出血を見ることもあります。

診断は、有棘細胞がん(皮膚ガンの種類の1つ)と同様に、
がん病巣の組織の一部を採取して
顕微鏡で調べる病理検査によって確定します。

病期は、0期、1期、2期、3期、4期に分類し、
病期と病状に合わせて治療方針を決めます。

治療には主に外科療法(手術)が行われます。

再発を防ぐために、
がん病巣から十分な距離をとって切除します。

このガンは転移することはないですが、
再発を繰り返すことがあります。

・・・
ガンに関するメールレターを配信しています
詳しくはこちらのページで。

がんと正しく闘うための5つのルール

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


くわしくはこちら。「がんと正しく闘うための5つのルール」


関連記事

悪性黒色腫(メラノーマ)抗がん剤治療の課題
悪性黒色腫(メラノーマ)抗がん剤治療の課題 悪性黒色腫に有効性の高い抗がん剤は...
皮膚がんの抗がん剤治療の課題
皮膚がんの抗がん剤治療の課題 皮膚がんは、抗がん剤を適切に使えば 高い治療効果...
皮膚がんに使う抗がん剤と投与プログラム
皮膚がんに使う抗がん剤と投与プログラム 標準的な併用療法は確立しておらず、 病...
皮膚がんに対する抗がん剤の投与法
皮膚がんに対する抗がん剤の投与法 以下の2つがあります。 ①全身療法 抗がん剤...
皮膚がんにおける抗がん剤治療の目的
皮膚がんにおける抗がん剤治療の目的 皮膚がんでは一般に外科治療が中心となり、 ...
皮膚がんの化学療法(抗がん剤治療)
皮膚がんの化学療法(抗がん剤治療) メラノーマの進行がんには、 DAVフェロン...
皮膚がんの外科療法(手術)
皮膚がんの外科療法(手術) 有棘細胞がんは、がんを中心に深く広範囲に切除します...
皮膚がんの治療と治療後の5年生存率
皮膚がんの治療と治療後の5年生存率 日光角化症は、しばらく経過観察することがあ...
悪性黒色腫(メラノーマ)の特徴とステージ、治療法、5年生存率
悪性黒色腫(メラノーマ)とは、 ほくろや黒あざ、あるいは表皮の基底層の メラニ...
皮膚ガン・・・基底細胞がんの特徴と、ステージ治療方法
基底細胞がんとは、基底層などの細胞が がん化したもので、80%は頭と顔に発生し...

文字サイズ変更