皮膚ガン・・・基底細胞がんの特徴と、ステージ治療方法


基底細胞がんとは、基底層などの細胞が
がん化したもので、80%は頭と顔に発生します。


紫外線を長年にわたって浴び続けた人が発病しやすく、
やけどやけがでできた傷跡、放射線による皮膚の傷跡などに
発生しやすいことが知られています。

症状としては、初期では黒色、あるいは黒褐色などの
軽く盛り上った皮疹が最も多く、
ほくろと間違えて放置されることがあります。

ゆっくりと数年がかりで徐々に大きくなります。

病巣の中心に腫瘍が生じ、
かさぶたが繰り返しできて、
出血を見ることもあります。

診断は、有棘細胞がん(皮膚ガンの種類の1つ)と同様に、
がん病巣の組織の一部を採取して
顕微鏡で調べる病理検査によって確定します。

病期は、0期、1期、2期、3期、4期に分類し、
病期と病状に合わせて治療方針を決めます。

治療には主に外科療法(手術)が行われます。

再発を防ぐために、
がん病巣から十分な距離をとって切除します。

このガンは転移することはないですが、
再発を繰り返すことがあります。

・・・
ガンに関するメールレターを配信しています
詳しくはこちらのページで。

がんを完治させるための5つのルール



----------

がんと闘うためのガイドブック

今ではその経験をもとに
述べ1,800名を超える患者さんをサポートしています。

あなたも、がんとの闘いに苦しんでいるなら、読んでもらいたいガイドブックがあります。

がんに勝つために。
絶対に必要な知識を厳選して掲載したガイドブックです。

詳しくはこちら。「がんを完治させるための5つのルール」

----------