胃がんになる患者数と死亡者数


胃がんになる患者数と死亡者数

胃がんは長い間日本人の
がん死亡のトップでしたが、
その年齢調整死亡率や発生率は
1960年頃をピークにして減少してきています。


しかし年々高齢化が進み、
胃がんになる患者の平均年齢も
上昇してきていますので、
実際に胃がんになったり胃がんで死亡する患者の数には
ほとんど変化がありません。

毎年およそ10万人が胃がんになり、
5万人が亡くなっています。

男性に多く、その男女比はおよそ2対1となっています。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式