胃がんにみられる自覚症状


胃がんにみられる自覚症状

かなり進行した胃がんでは、
腹が張って食べ物が食べられなくなったり、
食べた物や胃液を吐くことがあります。

お腹や腰が痛くなることもあります。

また、出血(黒い胃液を吐いたり黒い下痢使が出るなど。
出血が多いときには赤いこともあります)が見られたり、
へその上方に硬いしこりを触れる場合もあります。

このようなことが続くと、
顔色が悪くなり体重も減ってきますが、
腹水が出てくると見かけ上体重が増えることもあります。

胃がんでこのような症状が見られた場合には、
その多くが手術をしてもがんをきれいに
取り除くことが難しくなります。

しかしこれらは胃がんに特有な症状ではありません。

胃や十二指腸の潰瘍でも食べられなくなったり、
痛みや出血が見られます。

便秘がひどくなれば硬いしこり(便の塊)を触れることもあります。

腹水は肝硬変などでも出てきます。

このように進行がんでも特有の症状が明らかではありません。

まして、早期がんであれば、
ほとんど何の症状もないと考えたほうがよいでしょう。

胃が痛くて検査を受けてがんが見つかることもありますが、
それらの症状はがんによるものではなく、
がんと一緒にある潰瘍や胃炎の症状と考えてよいと思います。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式